投資マニア

投資マニアは投資に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

不動産

不動産投資で儲けるために守るべき3つのコツについて

2017/11/08

模型をのぞく虫眼鏡

不動産投資にはコツがいくつもありますが、その中でももっとも大切なコツ、それが「いろいろな種類の物件に投資すること」です。

不動産投資と言えば、誰もが思い浮かべるのがアパート、マンションへの投資ですが、ひとつのアパートやマンションに投資しただけでは、投資後に起こる各種の変化(景気の変化や交通状況の変化、住民層の変化など)に対応できないかもしれません。

これらの変化を予測して、先回りして投資するにこしたことはありませんが、5年先10年先の変化を予測して投資するのは、一流の投資家でも大変です。なので、将来何が起こってもいいように、色々な種類の物件に分散して投資をするのがお勧めです。

アパートだけでなく駐車場にも投資をするなど、色々な物件に投資をすることで、リスクを分散することが出来ます。もともと、不動産投資には、毎月一定の収入を得られるというメリットがあるので、分散投資でリスクを減らすことが出来れば、不動産投資をミドルリスクハイリターンの投資に変えることが出来るのです。

ですので、効率よく不動産投資で儲けたいなら、色々な種類の物件に分散投資をするとよいでしょう。この分散投資の他にも、不動産投資にはコツがあります。

それは、新築物件よりも中古物件に投資をすることです。一般的に、中古物件の方が新築物件より、不動産の価値が低いです。ですが、家賃がそれによって大きく下がるわけではないので、(不動産の価値は、築何年ということよりも、交通の利便性や部屋の間取りによって決まるところが大きいです)中古物件の方が、利回りが高いことが多いのです。

つまり、中古物件に投資したほうが儲かる可能性が高いので、不動産投資をするなら、出来るだけ中古物件に投資をしたほうがいいでしょう。

また、他にも不動産投資にはコツがあります。それは、出来るだけ自宅に近いところで投資を行うことです。不動産投資そのものは、日本中どこでも行うことが出来ますが、地元以外で投資をする場合、土地勘がないとやりにくいことが多いと思います。

その点、地元で投資をすれば土地勘があるのでどこに投資をすればどれだけ儲かるか、そういった事がだいたいわかります。ですので不動産投資をするなら地元でするのがよいでしょう。

まとめると、不動産投資のコツは、色々な種類の物件に分散投資をすること、新築よりも中古物件に投資をすること、土地勘のある地元で投資をすることの3つです。この3つのコツを念頭に置いて投資をすれば、どんな人でも不動産で儲けることが出来るでしょう。

-不動産
-, , , ,