投資マニア

投資マニアは投資に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

不動産

果たして不動産投資では頭金はどれ位にすべきか

2017/09/07

考えている男性

不動産投資では、融資を受ける事が多々あります。そして、それが利益率に大きく関わってくる事もあるのです。更にそれは、準備金にも大きく関わってきます。ですから不動産投資では、実は融資はかなり大きなポイントになるのです。

例えば2,000万の物件があるとします。それを購入して、不動産投資を行うというやり方は大いにあるでしょう。ただそれを行うにしても、もちろん2,000万の物件を購入しなければなりません。どういう手段で購入するかが、1つのポイントになってくるのです。

物件を購入するとなると、一般的にはローン商品が活用されます。銀行から融資を受けた上で、ローンで物件を購入するという手段も、大いにあるでしょう。

ところがローンで借りるとなると、もちろん手数料に関する問題が浮上してきます。金融商品には、ほぼ確実に金利があるでしょう。住宅ローンの場合は1%前後に設定されている事も多いですが、何せ購入価格が高めですから、それなりに負担額も大きくなってきます。

もしくは、ローンでなく一括で購入するという選択肢もあるのです。それは金融会社から借りる手段と違って、手数料は支払わずに済みます。まして2,000万の物件を現金一括で購入した時には、もちろんローン会社に手数料を支払う必要も無いでしょう。

ただし現金一括となると、もちろん2,000万というまとまったお金が必要になる訳です。それだけまとまった資金を捻出するのは難しく、取りあえず頭金で購入するというやり方もあるでしょう。このあたりの兼ね合いが、不動産投資に関する初期費用の難しい点の1つです。

一括で購入をすれば手数料は抑えられますがやはり初期費用が高く付いてしまいます。逆にフルローンにすれば、一応は初期費用をかなり抑えた上で購入できるメリットはあるでしょう。

その代わりに手数料を負担する事になりますから、却ってコストが高めになる方法とも言える訳です。どちらにするべきかは、やはりケースバイケースとは言えるでしょう。ある程度まとまった資金を捻出できるなら、現金一括で購入するのも一法とは言えます。

逆に最初にまとまったお金を捻出するのが難しいようなら、フルローンも一法と言えるでしょう。このあたりの問題は、基本的には不動産投資の専門家に相談してみる方が良いです。

専門家の意見にも耳を傾けてみる方が、妥当な判断も下しやすいからです。様々な意見を聞いた上で、頭金をどれ位にするかを決めると良いでしょう。

-不動産
-,