投資マニア

投資マニアは投資に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

マイホームへの不動産投資例

2017/11/22

家の模型

不動産投資と聞くとどこか自分とは関係ない世界の話のように聞こえてしまう人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。不動産投資は投資の中でも非常に身近な投資であり、誰にでも取り組めるチャンスがあります。

つまり、もしかしたら不動産投資できるチャンスはすぐそこにあるかもしれないのです。例えば、マイホームを所有している人は、すなわち不動産を所有していることになります。

この不動産への投資を検討したことはあるでしょうか?マイホームを不動産としてとらえずただ住むだけの場所と考える人もいるかもしれません。しかし、それではせっかくの不動産がもったいないです。不動産は活用することによって確かな利益を生み出しますので、その視点でマイホームをとらえると不動産投資への考え方が変わってきます。

マイホームの不動産投資例を挙げるなら、まず軒先パーキングがあります。軒先パーキングとは自宅の駐車場を貸すことによって使用料を徴収する新しいビジネスです。この軒先パーキングで利益を生みたいなら、駐車場は多いほうが良いです。

それなら1台駐車できるスペースを2台駐車できるように投資するなど、不動産投資することでよりいっそう軒先パーキングを活用できるようになります。

また、もっと大胆なマイホームの不動産投資をするなら増改築して部屋を増やし、増やした部屋を貸し出すということもできます。今では民泊などの影響で部屋に対する需要はありますので、効果的な不動産投資をすれば定期的な利益を生むことができます

これらのことを成功させるためには専門的なノウハウを少しでも知っておいたほうが良いのは確かですが、だからといってハードルが高過ぎてどうにもならないわけではありません。不動産について少し学べばわかることですので、チャレンジしてみる価値はあります。

また、マイホームという不動産そのものに投資し、将来的に高値で売却することもできれば検討しておいたほうが良いです。都市部のバリアフリー住宅ならかなりの需要があるはずですし、いわゆる住みかえのためにそれなりの投資をしておくというのも不動産投資の考え方として間違っているわけではありません。

将来的にマイホームを手放す可能性がある場合は、高く売れるように投資しておくのも上手いやり方です。不動産投資というとアパートやマンションを買うことばかり考えてしまいがちですが、まずはマイホームという不動産から投資してみる考え方もあります。

-記事
-